ポイントカードはスマホアプリにまとめてお財布スッキリ

ポイントカードはスマホアプリにまとめてお財布スッキリ

ポイント大好きな私としては、お店でつくポイントは全てもらいたい。

でも、お店毎のポイントカードや会員証などを全て持ち歩いていると、お財布はパンパンになってかさばります。

そこで、お財布に入っているカード類をまとめてスマホアプリに移行し、お財布をスッキリさせたので、その方法を紹介します。

私がスマホアプリに移行したカード類

スマホアプリに移行したカード類

私が普段持ち歩いていたカード類で、スマホアプリに移行したものを紹介します。

尚、iPhoneユーザーからの視点での紹介となります。

共通ポイントカード

共通ポイントとして利用頻度の高い、Tポイント、Ponta、楽天、dポイント。

これらは公式アプリが配信されており、スマホアプリからバーコード形式のポイントカードを呼び出すことができます。

モバイルTカード

お店ではこのバーコード画面を見せてポイントを付与してもらいます。(ごく稀にですが、バーコード形式だと利用できない店舗もあります。)

また、アプリにはポイントカード機能の他、ポイントを貯めることができるコンテンツも入っているので、スキマ時間にポイントを貯めてお小遣い稼ぎすることもできます。

ポイントの貯め方・使い方

お店独自のポイントカード・会員証

最も枚数が多くお財布がかさばる原因となるのが、お店独自のポイントカード。

お店によりますが、独自のスマホアプリ(モバイル会員カード)が配信されています。

私の場合は、スターバックス、無印良品、ヤマダ電機、ユニクロ、GAP、トイザらス、アカチャンホンポなど、あるものは全てスマホアプリに移行。

また、JAFもデジタル会員証があるので、こちらもスマホアプリに移行しました。

紙のスタンプカードや、プラスチックの会員証はまだいくつか残っていますが、利用頻度は少ないため、カード入れにまとめて入れておいて、使う時だけ持ち歩くようにしています。

吉田カバンのカード入れ

これらのカードも、後述の「ポイントカードおまとめアプリ」で取り込めるのを期待して待っています。

電子マネー・クレジットカード

電子マネーは、これまで楽天Edy、nanaco、WAON、au WALLETと使い分けて利用していたのですが、QUICPay(JCBカード)1つにしました。

理由は、Apple Payが使えるから。

お財布を出す必要さえなくなり、iPhoneをかざすだけで決済できるので非常に便利です。

また、セブンイレブンをよく利用するのですが、JCBカードではセブンイレブンの利用でポイント3倍とnanaco利用と同等のポイント還元率になるので、セブンイレブンでの普段利用もQUICPayです。

nanacoカードは、税金・公共料金支払いのためだけに残しています。

尚、クレジットカード自体は、Apple Pay(QUICPay)がどこでも利用できる訳ではないので、お財布に1枚だけ入れています。

MEMO
Google Payだと、対応している電子マネーが多いのでより便利だと思います。

電車はICOCA圏だけどSuicaを利用

私は関西に住んでいるので、電車やバスに乗るのにICOCAを利用するのが普通なのですが、ICOCAはカードを持ち歩く必要があります。

一方、Suicaであれば、Apple Payを利用してスマホに取り込むことができるので、ICOCAをやめてSuicaを利用しています。(ICOCAで定期券を利用している場合は難しいですね。)

銀行のキャッシュカード

銀行のキャッシュカードも、スマホアプリを使うことで代替することができます。

私が利用しているのは「じぶん銀行」のスマホATMというサービス。


スマホATMでは、キャッシュカードの代わりに「じぶん銀行」のスマホアプリを使って、セブン銀行で現金の入出金ができます。

ポイントカードおまとめアプリ

独自のスマホアプリを提供していないポイントカードも、ポイントカードおまとめアプリを利用することで、1つのアプリにまとめて集約することができます。

中でも有名なのは、「スマホサイフ」というアプリ。

ポイントカードおまとめアプリ「スマホサイフ」

Tカードやマツキヨ、マクドナルド、モスバーガー、GAP、アーバンリサーチなど数多くのポイントカードをまとめることができます。また、Android版では、電子マネーのiD、楽天Edy、QUICPayなども利用可能。

ポイントカードおまとめアプリはこれまでもいくつか出てきていたのですが、どれも中途半端でサービス終了しているため、しっかりとした運営会社のものが良いと思います。

スマホサイフは、TポイントのCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が運営しているアプリなので、そのあたりも安心でしょうか。使えるポイントカードはまだ一部ですが、これからにも期待です。