楽天カードの申込みでポイントが貰えるポイントサイト

楽天カードのポイントサイト還元率比較

楽天スーパーポイントがどんどん貯まるクレジットカード「楽天カード」。

楽天カードを申し込む際、公式サイトから申し込むよりも、ポイントサイトを経由するとさらにポイントが貰えてオトクです。

普通に申し込んで得られる楽天カード公式の入会特典に加え、ポイントサイトのポイントが貯まって、二重でオトクに楽天カードを入手することができます。

どれくらいのポイントが貰えるのか、主要なポイントサイト毎に比較していますので、一番オトクなポイントサイトをご利用下さい。

ポイントサイトの還元率比較

主要なポイントサイトについて、楽天カードの申し込み(クレジットカード発行)で貰えるポイント還元率は次の通り。

ポイントサイト 還元率(円)
ハピタス カード発行:9000円
げん玉 カード発行:10000円
ポイントタウン カード発行:9500円
モッピー カード発行:10000円
ポイントインカム カード発行:10100円
colleee カード発行:10000円
Gポイント カード発行:8000円
ちょびリッチ カード発行:10000円
お財布.com カード発行:10000円
ECナビ カード発行:9000円
楽天Rebates

楽天カードの特徴

楽天カード

年会費無料でありながら1.0%という高還元率で楽天スーパーポイントがざくざく貯まる「楽天カード」。

入会するだけで5000円相当が貰える入会特典もあり、楽天ユーザーには必携のカードです。

ポイントプログラム「楽天スーパーポイント」

楽天カードで貯まるポイントは、楽天グループでおなじみ「楽天スーパーポイント」。

楽天市場や楽天トラベル、楽天オークションなど、楽天グループのあらゆるサービスで1ポイント=1円から利用することができます。

また、「楽天ポイントカード」の登場で、マクドナルドやミスタードーナツ、プロントなどのリアル店舗でも利用可能になり、使い勝手も抜群。

もちろん、楽天ポイントカードは楽天カードにまとめて搭載されています。

楽天カード会員なら家族でポイント相互移行可能

家族でポイントおまとめサービス

家族で楽天カードを持っている場合(本会員と家族会員)、本カード会員⇔家族カード会員で楽天スーパーポイントを相互移行して、ポイントをまとめることが可能になります。

ポイントの移行は50ポイント〜、1ポイント単位で移行可能。移行ポイントの上限は月間10,000ポイント。

楽天市場の利用でポイント+2倍

楽天カードの利用で貯まるポイントは、楽天グループの共通ポイントである「楽天スーパーポイント」。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、楽天市場を利用する際に楽天カードで支払いをすることで、いつでもポイントが+2倍貯まります。しかも、エントリー不要。

MEMO
楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードならいつでもポイント+4倍になります。

さらに、楽天市場アプリ、楽天トラベル、楽天モバイル、楽天ブックスなどの利用でどんどんポイント倍率アップ

ポイント加盟店での利用でポイント最大3倍

楽天カード ポイント加盟店サービス

リアル店舗での楽天カード利用でも、楽天ポイント加盟店だとポイント付与率が最大3倍になります。

楽天Edyのチャージ・利用で2度貯まる

楽天Edy

コンビニなど全国50万ヶ所以上で使える電子マネー「楽天Edy」。

楽天カードであれば、楽天Edyのチャージで200円=1ポイント、楽天Edyの利用で200円=1ポイントとポイントが2度貯まります。

コンビニやドラッグストアなどでの小額決済でもポイント獲得を逃しません(・ω・)b

また、楽天カードからのEdyチャージでポイント2倍キャンペーンなどもあり、私はそのタイミングでまとめてチャージしています。

5000円相当のポイントが貰える入会特典

楽天カードと言えば、5000円相当のポイントが貰える太っ腹の入会特典。カードの入会費・年会費ともに無料なので、貰っておかないと損というもの。

貰えるポイント数はタイミングによって異なり、少ない時で2000ポイント〜多い時で8000ポイント貰える場合があります。

ほとんどの時期では5000ポイントが設定されているので、それを目指して2000ポイントの時期は避けつつ、不定期開催で稀な8000ポイントの入会キャンペーン時には迷わず申込みした方が良いと思います。

MEMO
ポイントサイトを経由して申し込むと、この入会特典とは別に、ポイントサイトのポイントも貯まって二重にオトク。

他にもこんな貯め方

楽天カードには、他にもポイントを貯める方法がいろいろあります。

楽天e-NAVIのキャンペーン 楽天カード会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」。楽天カード入会後、楽天e-NAVIに登録しておくと、さまざまなキャンペーンに参加することができます。
楽天ダイニング カフェやレストラン、居酒屋、カラオケなど、街の飲食店でポイントが貯まる「楽天ダイニング」。加盟店利用の際に、楽天カードでの支払いでポイントが2倍貯まります。
楽天銀行で普通預金の金利2倍 楽天カード利用分の引き落とし口座に「楽天銀行」を設定すると、普通預金の金利が2倍、楽天カード利用分の引き落としで毎月最大9ポイントが貰えます。
楽天証券 楽天証券」での投資信託の積立を楽天カード決済で行うと、積立額の1%ポイント付与。(参考記事

中でも、楽天銀行の金利アップは嬉しい特典ですね。また、楽天銀行はポイントサイトなどから交換したポイント受取用口座としてもおすすめです。

貯まったポイントを支払いに使える

また、貯まった楽天スーパーポイントを楽天カードの支払いに充当することができます。

手続きも簡単で、楽天e-NAVIから利用したいポイントを入力するだけ。

貯まったポイントを楽天カード支払いに利用

尚、会員ランクにより1カ月に利用できるポイント上限が決まっています。

  • ダイヤモンド会員:50万ポイントまで
  • ダイヤモンド会員以外:10万ポイントまで

楽天スーパーポイントは、楽天市場のお買い物だけでない、非常に使い勝手のいいポイントサービスになりましたね。

まとめ

以上、「楽天カード」の紹介でした。

年会費無料で還元率1.0%、楽天市場の利用でポイント3倍、貯まるポイントは使いやすい「楽天スーパーポイント」と、楽天ユーザーには必携のクレジットカードです。

普段利用する通販サイトが、楽天市場なら「楽天カード」、Yahoo!ショッピングなら「Yahoo! JAPANカード」であることは間違いなく、持っておかないと損というもの。

年会費(税別) ポイント還元率 ポイントプログラム ポイント有効期間
初年度 2年目以降
無料 無料 1.0% 楽天スーパーポイント 最後にポイントを獲得した月を含めた一年間

他にもポイントサイト還元率を見る

人気の通販サイト/サービス毎に、どのポイントサイトを経由するのが一番オトクなのかを比較表にまとめています。