リクルートカードの申込みでポイントが貰えるポイントサイト

リクルートカードのポイントサイト還元率比較

年会費無料で最高水準の1.2%還元を誇るクレジットカード「リクルートカード」。

リクルートカードをWebで申し込む際、公式サイトから申し込むよりも、ポイントサイトを経由するとさらにポイントが貰えてオトクです。

普通に申し込んで得られるリクルートカード公式の入会特典に加え、ポイントサイトのポイントが貯まって、二重でオトクにリクルートカードを入手することができます。

どれくらいのポイントが貰えるのか、主要なポイントサイト毎に比較していますので、一番オトクなポイントサイトをご利用下さい。

ポイントサイトの還元率比較

主要なポイントサイトについて、リクルートカードの申し込み(クレジットカード発行)で貰えるポイント還元率は次の通り。

ポイントサイト 還元率(円)
ハピタス カード発行:1400円
げん玉 カード発行:2400円
ポイントタウン カード発行:1750円
モッピー カード発行:1800円
ポイントインカム カード発行:2000円
colleee
Gポイント カード発行:1200円
ちょびリッチ カード発行:2100円
お財布.com カード発行:2500円
ECナビ カード発行:1200円
楽天Rebates

クレジットカードの申し込みは、ポイントサイトの広告利用の中で最もポイントがたくさん貰えます。

カードの種類によっては、1万円以上のポイントが貯まるものもあるため、カード申し込みの際には、ポイントサイトが利用できるか確認して取りこぼしのないようにしましょう。

リクルートカードの特徴

リクルートカード

年会費無料でありながら、数あるクレジットカードの中で最高水準のポイント1.2%還元を誇る「リクルートカード」。

貯まるポイントはPontaと相互交換が可能なリクルートポイントです。

ポイントプログラム「リクルートポイント」

リクルートポイントとPontaの統合

リクルートカードで貯まる「リクルートポイント」は「Pontaポイント」との統合により、1:1で相互交換ができます。

これにより、様々なPonta提携店やリクルートの運営するWebサービスで利用可能となり、日常にもレジャーにも幅広く使えるポイントとなりました。

電子マネーのチャージでも貯まる

リクルートカードでチャージポイントが貯まる電子マネー

リクルートカードは、様々な電子マネーへのチャージでもポイント付与対象になります。

チャージでクレジットカードのポイントが貯まり、電子マネーの利用で電子マネーポイントが貯まるので、ポイント2重取りができるという訳です(・ω・)b

カードの種類によって、チャージポイントの対象は異なります。

  • リクルートカード(VISA):nanaco楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
  • リクルートカード(JCB):nanaco、モバイルSuica
MEMO
2018年4月16日より、電子マネーチャージによるポイント加算は、チャージ累計で月間3万円分までとなりました。それ以上はポイント加算の対象外となります。

nanacoチャージで税金の支払いが安くなる

nanacoカード

税金や公共料金の支払いにも利用できる電子マネー「nanaco」。

リクルートカードであれば、nanacoのチャージでもポイントが貯まります。

nanacoで税金支払してもポイントは付きませんが、クレジットカードチャージでのポイントにより、税金の支払いが実質オトクに(・ω・)b

まとめ

以上、「リクルートカード」の紹介でした。

年会費無料でポイント還元率が業界最高水準の1.2%、Pontaポイントが最もたまるクレジットカード。

しかし、これまで驚異的なスペックで注目されていたものの、リクルートカードの強みであった電子マネーチャージに上限が設けられるなど、サービス内容が改悪傾向にあるのは少し気になりますね。

年会費(税別) ポイント還元率 ポイントプログラム ポイント有効期間
初年度 2年目以降
無料 無料 1.2% リクルートポイント
Pontaと相互交換)
最終のポイント確定日から12か月後の月末まで

他にもポイントサイト還元率を見る

人気の通販サイト/サービス毎に、どのポイントサイトを経由するのが一番オトクなのかを比較表にまとめています。