還元率No.1ポイントサイト「ハピタス」の使い方

ポイントサイト「ハピタス」の使い方

業界最高水準の還元率を誇るポイントサイト「ハピタス」。

ハピタスの特徴と、ポイントのお得な貯め方・使い方、ポイント交換先を紹介します。

ハピタス(Hapitas)の特徴

ハピタス(Hapitas)は、株式会社オズビジョン運営のポイントサイト。

180万人以上が利用する大人気サイトで、2012年11月にドル箱から全面リニューアル。持たないポイントカードをコンセプトに、ネットでのお買い物がもっと楽しく、もっとオトクになるサービスとして生まれ変わりました。

ハピタスの特徴はなんといっても、ネット通販など提携ショップの多さとポイント還元率の高さ

ネット通販ヘビーユーザーの私は、お買い物する際にポイントサイトを比較して一番オトクなサイトを利用するのですが、ほとんどハピタスにたどり着きます。

また、貯まったポイントはPolletカードというVISAプリペイドカードにチャージしてリアル店舗で使うことができるので、リアルもネットもハピタスポイントを活用できるという訳です。

数あるポイントサイトからどれか1つ選ぶなら、迷わず一番にハピタス推し

ハピタスの特徴
  • ネット通販などの提携サイトが多く還元率が高い
  • 本を買うのにオトクなハピタス堂書店
  • ポイント交換先に使いやすいVISAプリペイドカード(Pollet)

ポイントの貯め方

お買い物・サービス利用で貯める

ポイントサイト経由でネット通販などがオトクに

ハピタス経由で、ネットショッピングや宿泊予約、クレジットカードなどの各種申込をすることで、ポイントが貯まります。

もちろん、通販サイトなどのポイントはいつも通り貰えるので、ポイントの2重取りができるということです。私もネットショッピングの際には必ず利用しています。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどの、超人気サイトでも利用できるので、日常のお買い物でどんどんポイントが貯まります。

ポイント還元率No.1

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタスの最も大きな特徴は、ネット通販やサービス利用で貰えるポイント還元率の高さ。数多くあるポイントサイトの中で、業界最高水準の還元率を誇ります。

実際、どのポイントサイトの還元率が一番高いのか?提携ショップ毎にポイントサイトの還元率を比較していますので、参考にしてみて下さい。

また、ハピタスポイントには有効期限がないのも嬉しいポイント。せっかく貯めたポイントが失効してしまった。。なんて悲しいことにはならないので、コツコツ派にも安心です。

ポイント3%還元のネット書店「ハピタス堂書店」

ハピタスに登録すれば利用することができるオンライン書店「ハピタス堂書店」。

実は、オンライン書店の中でもかなりオトクなショップになっています。

本1冊から送料無料でポイント還元率3%、電子書籍(eBookJapanのクラウド本棚)のポイント還元率はなんと10%にもなります。

支払いにはハピタスポイントを利用することができ、ポイント支払いの分もポイント還元対象(・ω・)b 私は最近ココでしか本を購入していません。

お買い物あんしん保証

万が一、ハピタス経由でお買い物したにも関わらず、ポイントが付与されなかった…なんて場合も、ハピタスはポイント付与を保証しています。

毎日コツコツ貯める

ハピタスでは、広告利用の他にもこういった方法でポイントを貯めることができます。

アンケートひろば どんどん配信されてくるアンケートに回答してポイント獲得。「アンケート通知メール」を設定しないと配信されません。
ハピタス宝くじ 広告利用やメルマガのクリックで貰える「宝くじ交換券」を集めて、毎月最大30,000ポイント(3万円相当)または毎日最大1,000ポイント(1千円相当)が当たる
スマホ スマホ向けサイトでは、アプリインストールなどでもポイント獲得
お友達紹介 ハピタスを紹介してお友達が登録すると、紹介人数に応じてポイント還元

コツコツ貯める系はどのポイントサイトも同じように、毎日確実に数ポイントは貯まりますが、正直微々たるもの。お小遣い稼ぎにするのであれば、パソコンで簡単文字入力などのクラウドソーシングをオススメします。

また、紹介できるお友達が多い場合や、自身でブログを運営しているのであれば、お友達紹介制度を利用してハピタスを紹介してみるのもオススメです。実際に紹介人数を増やすのは難しいですが、うまくいけば貰えるポイントの桁が1つ2つ上がります。

ランクアップ制度

ハピタスには、使えば使うほどお得になるランク制度があります。

ハピタスランク制度

過去6ヶ月間に広告を利用した回数または獲得ポイントに応じて、翌月のランクが決定され、一般 ⇛ ブロンズ ⇛ シルバー ⇛ ゴールドとランクアップしていきます。

シルバーランク、ゴールドランクになると、前月に獲得したポイントに対して1%〜2%の会員ランクボーナスが貰えます。

ポイントの使い方

ハピタスで貯めたポイントは1ポイント = 1円相当で、他社ポイントや現金に交換することができます。

ポイント交換先

ハピタスのポイント交換先には、現金をはじめ、ポイント交換サイト、電子マネー、ギフト券などがあります。

現金 現金ビットコインPollet(VISAプリペイドカード)
ポイント交換サイト ドットマネー、ネットマイル、PeX
共通ポイント 楽天スーパーポイント
電子マネー 楽天Edynanacoギフト
ギフト券 Amazonギフト券iTunesギフト

ポイント交換サイトを経由することで、他にも様々なポイントや航空マイルなどにも交換できるようになります。

また、次のモノに交換すると、交換レートが高くてさらにお得です(・ω・)b

  • Amazonギフト券:490pt ⇛ 500円分(2%増量)
  • iTunesギフト:490pt ⇛ 500円分(2%増量)
  • ポレット(Pollet):チャージ金額+0.5%増量

現金交換の振込先銀行と手数料

ハピタスで貯めたポイントは、もちろん現金に換金することもできます。

ネット銀行や都銀、地銀、ゆうちょ銀行など、どの金融機関へも振込手数料が無料なのも嬉しいポイント。

振込先銀行 振込手数料
楽天銀行 無料
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
ゆうちょ銀行
その他銀行
信用金庫

また、複数のポイントサイトを利用している場合は、各ポイントサイトからの現金振込手数料をまとめて比較しているので、コチラも参考にどうぞ。

ポイント交換の上限額

ハピタスでは、現金やポイントへの交換上限額はトータルで毎月3万ポイントまでとなっています。

それ以上のポイントを利用したい場合は、次のような交換方法があります。

Polletへのチャージ交換上限は30万ポイント

polletカードでお買い物

ハピタスポイントを交換してチャージすることができる、VISAプリペイドカード「Pollet(ポレット)」。

チャージ金額の0.5%が上乗せされ、現金同様にコンビニなどの店舗やネットショッピングで利用することができます。

Polletへは毎月30万ポイントまでチャージ可能となっており、他のポイント交換額と別枠での計算になるので、ポイント交換3万円+ポレットチャージ30万円の合計33万円が毎月の最大交換額となります。

上限なくポイントが使える「ハピタス堂書店」

ハピタスポイントは、同社が運営するオンライン書店「ハピタス堂書店」での支払いに利用することができます。

ここでのポイント利用は、ポイント交換数にカウントされないため、交換上限に達して使えないポイントもいくらでも使うことができます。

また、ポイント利用で購入した分もポイント還元対象。ポイントを無駄なくオトクに利用できてオススメです(・ω・)b

まとめ

以上、ポイントサイト「ハピタス」の紹介でした。

ネット通販や旅行・宿泊予約などをよく使う方は、普段の生活でどんどんポイントが貯まり、貯まったポイントはPolletカードにチャージして店舗でのお買い物に利用することができる。

ポイントでいつもの生活をちょっとオトクにするハピタスは会員登録も無料なので、ぜひお試しあれ。

ポイントレート 1ポイント ⇛ 1円
ポイント有効期限 なし
運営会社 株式会社オズビジョン
参加団体 日本インターネットポイント協議会(JIPC)