nanacoポイントの貯め方・使い方

nanacoポイントの貯め方・使い方

電子マネー「nanaco(ナナコ)」の特徴や、nanacoポイントのオトクな貯め方・使い方を紹介します。

nanacoポイントに交換できる提携ポイント、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードなどもまとめています。

nanaco(ナナコ)とは?

nanaco(ナナコ)は、セブン・カードサービスの運営するプリペイド型電子マネー。

セブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズなどで使うことができ、お買い物に応じてnanacoポイントが貯まります。

また、nanacoポイントは付与されないものの、税金や公共料金の支払いにも利用できるため、クレジットカードチャージを活用することで、実質オトクに税金支払いができることでも人気です。

nanacoを使うには

nanacoカード

nanacoを使うには、次のいづれかに申込みます。

nanacoカードはセブンイレブンなどの店舗で申込み、Google Pay/nanacoモバイルは対応している携帯やスマホにアプリをインストールして利用することができます。

nanaco発行手数料300円を無料にするには

通常、nanacoを作ると発行手数料300円が掛かります。

しかし、後述のイトーヨーカドーのハッピーデーなら、nanacoを作成したその場で1000円以上チャージすると手数料が無料になります。

nanaco(ナナコ)ポイントの貯め方

お買い物で貯める

nanacoマーク

全国のnanacoマークのあるお店で利用すると、100円=1ポイント(または200円=1ポイント)のnancoポイントが貯まります。

nanacoポイントの貯まるお店には、セブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズ、ビックカメラなどがあります。

また、ボーナスポイントプレゼントなどのお得なキャンペーンが開催されていることもあるので、お見逃しなく。

8のつく日はイトーヨーカドーで5%オフ

イトーヨーカドー ハッピーデー

また、8のつく日(8日・18日・28日)は、イトーヨーカドーのハッピーデー。

nanacoでの支払いで、食料品・衣料品・住まいの品、ほんとど全品が5%割引になります。

オムニ7でのネットショッピングで貯める

セブン&アイの総合通販サイト「オムニ7」。

オムニ7では、セブンネットショッピング、イトーヨーカドー、アカチャンホンポ、LOFTなどの通販サービスを利用することができ、オムニ7でのお買い物で100円=1ポイントのnanacoポイントが貯まります。

セブン銀行の取引きで貯める

セブン銀行

セブン&アイホールディングス傘下のネット銀行「セブン銀行」。

セブン銀行で、給与振込の初回受取時に500ポイントが貰えます。

注意
これまでは、振込入金・出金、口座振替など1件ごとにポイントが貯まったのですが、2018年10月31日をもって、これらのポイント付与は終了となりました。

デビットカード利用で貯まる

セブン銀行のキャッシュカードにはデビット機能が搭載されており、デビット利用金額に応じて、次のようにnanacoポイントが貯まります。

  • セブンイレブン:デビット利用金額の1.5%
  • セブン&アイグループ:デビット利用金額の1.0%
  • その他JCB加盟店:デビット利用金額の0.5%

他にもこんな貯め方

他にも、例えばこんな貯め方があります。

おつり投資アプリ「トラノコ」 毎日のお買い物のおつりを、自動的に世界中の資産に分散投資できる「トラノコ」の利用で毎月20ポイントが貰えます。(資産運用でポイントが貯まる・使える投資サービス
nanacoニュース メールマガジン「nanacoニュース」内の対象リンクをクリックするとポイントが貰えます。
リサイクル ペットボトルをリサイクルして貯まるリサイクルポイントをnanacoポイントに交換できます。

nanacoポイントに交換できる提携ポイント

nanacoポイント/nanacoギフトに交換できるポイントには、次のようなものがあります。

ポイントサービス ANAマイルSBIポイント
ポイント交換サイト PeX、PointExchange、Gポイント、ネットマイル、ドットマネー
ポイントサイト お財布.comcolleeeちょびリッチハピタスポイントインカムポイントタウンモッピー
アンケートサイト キューモニター
クレジットカード Orico Card THE POINTJCBカードセゾンカード三井住友VISAカード

nanacoポイントが貯まるクレジットカード

また、普段の支払いをクレジットカードにすることで、nanacoポイントを効率的に貯めることが可能になります。

nanacoをガッツリ貯めるなら「セブンカード・プラス」

セブンカード・プラス

nanacoポイントが貯まるクレジットカードと言えば、「セブンカード・プラス」。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでの利用で200円=3ポイント貯まる他、どこで使っても200円=1ポイントのnanacoポイントが貯まります。

また、nanacoのオートチャージができるのはセブンカード・プラスだけ。オートチャージでも200円=1ポイントが貯まります。

永久不滅ポイントとnanacoポイントが両方貯まる「セゾンカード」

セゾンカードの利用で「nanacoポイント」が貯まるサービス

セゾンカード」も、セブンイレブンでの利用でnanacoポイントが貯まるようになります。(事前登録必要)

永久不滅ポイントに加えnanacoポイントがダブルで貯まるオトク技なので、登録をお忘れなく。(永久不滅ポイント:0.5% + nanacoポイント:1%)。

MEMO
イトーヨーカドー利用分のnanacoポイント付与は2018年6月30日までのカード利用分をもって終了しました。

nanacoとクレジットカードチャージで税金の支払いが安くなる

nanacoでは、他の電子マネーやクレジットカードでは支払うことができない、自動車税や住民税、国民健康保険といった税金・公金の支払いに使うことができます。(WAONでも可能に

nanacoポイントは付かないものの、後述のクレジットカードチャージを使うことで、実質クレジットカード払いになるという訳です。

nanacoとクレジットカードチャージで税金の支払いが安くなる仕組み

どれだけオトクになるのかというと、例えば、住民税や国民健康保険などの支払いで、毎月2万円の税金・公共料金を支払っているとします。

これを全てnanacoで支払い、nanacoのチャージに還元率1%のクレジットカードを利用すると、2万円✕1% ⇛ 毎月200円のオトクという訳です(・ω・)b

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード

クレジットカードの中には、nanacoへのチャージでもポイント付与対象になるものがあります。(nanacoチャージ+利用のポイント2重取りになるという訳です)

nanacoのチャージでポイントが貯まるクレジットカードには、次のようなものがあります。

高還元率なのはリクルートカード

リクルートカード

中でもnanacoチャージでポイントが貯まりやすいのは「リクルートカード」。

年会費無料でありながら、nanacoチャージでも1.2%の高還元率です。(月間3万円まで)

次々に改悪されるnanacoチャージ

実は、これまで数々のクレジットカードでも、nanacoチャージはポイント付与対象でした。

しかし、2017年頃から次々とnanacoチャージのポイント還元率が下げられたり、ポイント付与の対象外となり、nanacoチャージでの還元率が大幅削減の傾向にあります。

nanacoチャージで改悪されたカード
  • 漢方スタイルクラブカード:還元率1.75%→0.25%→カード廃止
  • 楽天カード:還元率1.0%→ポイント付与対象外
  • Yahoo! JAPANカード:還元率1.0%→0.5%
  • リクルートカードプラス:還元率2.0%→カード廃止
  • リクルートカード:還元率1.2%→上限3万円/月まで

一方で、nanacoチャージ(0.5%還元)ができるものの、それ以外の強みが薄かった本家「セブンカード・プラス」では、nanacoチャージでポイント還元できることをアピールしつつ、nanacoのオートチャージも開始。

セブンカード・プラス

これらの流れを踏まえ、私はnanacoチャージ専用にセブンカード・プラスに乗り換えました。年会費500円については、年間5万円のカード利用(nanacoチャージ含む)で無料となります。

nanaco(ナナコ)ポイントの使い方

貯まったnanacoポイントは、次のように使うことができます。

nanacoにチャージする

貯まったポイントは、1ポイント=1円で電子マネー「nanaco」にチャージして、お買い物に利用することができます。

チャージするには、セブンイレブンなどの店頭で、nanaco持参の上、ポイントを電子マネーに交換する旨を申し出ると交換(チャージ)して貰えます。

オムニ7でのお買い物に使う

貯まったポイントは、1ポイント=1円として、セブン&アイの総合通販サイト「オムニ7」でのお買い物に利用することができます。

他のポイントに交換する

貯まったnanacoポイントは、ANAマイルに交換することもできます。

  • 500ポイント ⇛ ANAマイル:250マイル
  • 500ポイント ⇛ ANA SKYコイン:500コイン

まとめ

以上、電子マネー「nanaco」の紹介でした。

普段セブンイレブンやイトーヨーカドを利用する方はもちろんですが、nanacoの一番のメリットは公共料金や税金(収納代行)の支払いに利用できること。

クレジットカードチャージを利用することで、税金などの支払いが実質オトクになります。

我が家でも、国民健康保険、住民税、固定資産税、自動車税、水道料金の支払いを全て、セブンカード・プラスでチャージしたnanacoで支払っているので、その節約額も相当なものになっています。皆さんも活用あれ。

電子マネー名称 nanaco(ナナコ)
ポイント正式名称 nanacoポイント(ナナコポイント)
ポイントモール
ポイント価値 1ポイント ⇛ 1円相当
ポイント有効期限 最長2年(4月から翌年3月までに加算されたポイントは、翌々年3月末まで)
運営会社 セブン・カードサービス
関連クレジットカード セブンカードプラス

こちらの記事も参考にどうぞ。

主要電子マネーの比較「楽天Edy・nanaco・WAON」 主要電子マネーの比較「楽天Edy・nanaco・WAON」